大学職員雑学

大学職員と出世部署

大学職員の間では、大規模大学ほど出世競争が激しいという噂があります。

確かに、大学によっては偉くなるには「○○部を経験しないといけない」といった組織文化やエリート意識を持つ部署もあるようです。

出世するにはどの部署を経験するべきなのか

それでは、大学にはどのような部署があるかですが、よく出世の話をする際に対比されるのはこんなものがあります。

  • 大学であれば、教学系の部署or管理運営系の部署
  • 管理運営系であっても、総務系or財務系なのか
  • 学校法人全体から見ると、法人事務局or大学事務局か

またどの部署に長く所属していたかによって、あいつは○○系だというレッテルを貼られたりします。

さて、大学事務局長はどの部署出身が多いかといった調査もありますが、組織によって違いますので、出世をする為にはこの部署を経験すべきという結論を安易に出す事はできません。

ただ、事務局長を見ると、この人は管理運営や経営系の事務局長や、教学系が得意な大学事務局長などがいると言われます。(出来る事務局長は、管理運営系であれば、自分の不得意な分野を補うために教学系の人を自分の右腕にしていたりします。)

大学の部署の増加

教学系は、最近はいろんな部門や部署を設置している大学も多いです。部門や部署が増えるという事は、多少はポストが増えているかもしれません。

ただ教学系で上に上がっていくには、日々仕事をこなすことが求められたりします。作業部隊としての配置している大学もありますので、ミスなくやることが必要です。反面、何かを成し遂げたという成果のアピールはちょっと難しい場合もあります。

管理運営系、特に法人事務局は、成果になりやすい案件はたくさんあります。しかもそれが人事評価のトップである法人事務局に行くわけです。つまり法人事務局のほうが出世しやすい場合も少なくはないようです。そもそも大学職員の評価や出世に関する取扱いは大学ではなく、最終的には学校法人事務局である事は忘れてはいけません。

大学OBの大学職員は出世しやすいか?

小規模中規模の大学だと、その大学出身の大学職員は比較的早く一定以上までは昇進しやすいとは聞きます。

その大学出身だと基本的な事が分かっているという理由もあるでしょうが、一番は同族意識があるのでしょう。でもこれにも一長一短があって、既に派閥に組み入れられてしまったり、同窓会などの諸業務もまかせられる事も多いです。

そういう雑務をするからこそ、同族の中で評価され、出世しやすいのかもしれません。

大学職員と出世~出世競争の行方はどこか~大学職員の出世の行き着く先はどこだと思いますか? 大学職員の出世 そもそも総じて企業の出世と比較すると、大学職員が平社員から係長...