大学職員雑学

大学職員の出向について

大学職員に就職あるいは転職したとしても、ずっと大学職員でいられるかどうか、あるいは学生と関わる仕事をしたくても学生の部署に配属されるか、もしくは大学にずっと配属されるかどうかは分かりません。

私立大学であれば学校法人に採用された職員ですので学校法人の事務局に行くこともあります。これは同じ法人内ですので通常の異動です。ただ大学であっても企業と同じように出向制度を持ち、職員が外に出向する事があります。

大学職員の出向の種類

今回は大学職員を出向の種類等について、簡単にまとめてみました。

文部科学省や大学関連団体への出向

国立大学であれば文部科学省に出向する(人材を召し上げる)ということがあります。文部科学省で何をするか、どのような仕事をするは人によってかなり異なりますが、国立大学に関わる仕事、大学に関わる仕事をする人もおりますし、裏方の部署で働く人もいます。

関連団体は様々ですが、大学が受けなければならない認証評価機関への出向は国立大学や公立大学、私立大学と設置形態に関わらず行われているようです。出向先として国立大学は学位授与機構、私立大学では大学基準協会や高等評価教育機構への出向です。

認証評価機関に出向した際に何をするかというと、各大学の認証評価を担当し、認証評価業務を経験して認証評価を学びます。その後、各大学で認証評価や大学評価を担当する人が多いようです。

大学関連団体への出向

大学には様々な関連団体があります。そこに出向し、各大学への支援業務に従事する事もあります。そこでの業務は、交付金や補助金に関する業務や大学支援など様々です。

事業会社への出向

私立大学には事業会社を持っていることがあります。事業会社は例えば派遣事業や出版事業、各種単純業務のアウトソーシングなどの事業をしています。そこへ出向する事もごくたまにききます。しかしこれは企業が出向会社に行かせる場合と同様のようです。

大学職員を出向する目的

大学職員を出向する目的は、①期待しているか、②その他の2種類と私たちは考えています。(ある大学で腐ったミカンの話がありましたね)

文部科学省や評価機関の出向へは、将来を期待されている幹部職員の事が多いようです。私達が知っている文部科学省への出向者は、大学に戻った後に大学の教育研究に貢献している職員が非常に多いです。

しかし、事業会社へは逆の意味もあります。これは意図するところは企業と同じです。