大学職員雑学

大学職員の言葉遣いと敬称

どの大学もおそらくやっているであろう「学生生活調査」や学生の調査の自由記述に「○○学部教務課の○○さんの口が悪い」や「呼び捨てにされた」といった事が書かれているのは珍しくないでしょう。

またインターネット上の掲示板でも大学職員は口が悪いといった書き込みも見ることがあります。

今回は大学職員の言葉遣いと敬称がテーマです。また言うまでもなく、大学(の組織文化)によって求められる言葉遣いも異なります。

大学職員の学生に対しての言葉遣いと敬称

学生に対して言葉遣いは、敬語を使った言葉遣いか、タメ口かどちらでしょうか。年配・年上の職員はタメ口が学生との距離を近づけるからいいという価値観の人も少なくありません。

しかし、今は敬語を使って学生に接するほうが多いでしょう。学生はお客様とは言いませんが、学生対応はきちんと丁寧にする事が今は求められています。少なくとも窓口で学生にタメ口で対応するのは、常識が知らない大学職員と考えていいでしょう。

例外は大学職員が部活の監督やコーチをやっている場合などではないでしょうか。

また敬称については、学生に対して「様」を使う事は殆どないでしょうが、基本は「さん」付けが多いです。ただ学生に「君」を使う事は同等か下の人に使う敬称だとして、口うるさくいう人もいます。

教員に対しての言葉遣いと敬称

教員に対しては、敬語を使うのが普通です。ただ最近、若手や中堅の大学職員で同年代の教員と仲良くしている場合は、多少フランクに話をしている所も見かけます。

敬称ですが、私達が所属している各大学の話を聞いても基本は「〜先生」や教授であれば「教授」とつける場合もあるそうです。

最近気になるのは、新人の大学職員の人は、先生を「先生」ではなく「〜さん」とつい呼んでいる場面を見かける事があります。これは違和感があるのと、ちょっと敬意がないのではないかと感じることもあります。

また外部の人と話をするときは、教員であっても名前のみで役職や「先生」をつけない事はあります。

大学職員に対しての言葉遣い

大学職員同士の言葉遣いは、中途採用の人に聞いてもおそらくさほど変わらないです。ただ大学という組織のためか、あまり汚い言葉遣いや詰められるという事はあまりないです。(代わりに陰険ないじめがあるのはたまに聞く話です)

敬称については、大学によっては管理職であっても「さん」付けが多いこともあるようです。ただこれは大学によってまったく違っていて、名前+さん、名前+役職、役職のみなどのパターンがありますが、1つ目あるいは2つ目あたりが多いのではないでしょうか。