大学職員雑学

大学職員の仕事に特徴はあるの?

大学職員の仕事には、さまざまなものがあります。どのくらいの規模の大学かによっても異なります。

マンモス大学では、一般の企業と同じように、総務や人事、広報などの部門を独立して持っているということもあるでしょうし、小規模の大学では、そういった部門をすべてまとめて一つの部門にしているところもあります。

一般的なこのような部門の仕事はなにをするのか、は、説明しなくてもわかるかと思いますので、ここでは、大学職員特有の仕事にどのようなものがあるか、ご紹介します。

 

 まず、大学のいわゆるお客様は「学生」です。ですので、その学生を募集することに関する活動は重要な活動の一つです。広報として、各高校などで開催される進路説明会や、大学が集合して行われる大学展のような催し物に参加して、大学入学を勧める仕事です。また、大学で行われるオープンキャンパスなどを企画・担当したりもします。

 

 ついで、その学生たちを確保しないといけない仕事が入学試験になります。広報とも関連の深い仕事ですが、募集要項を作成し、入学試験を実施するという仕事です。試験の詳細は職員ではなく、教員が主となって行うわけですが、いったん詳細が決まったら、それにまつわるこまごました調整、たとえば、試験会場を確保する、試験当日の学生の誘導など入学試験にまつわるさまざまなことをします。

 

 また、入学後の学生に関しての仕事もあります。大学では入学式、卒業式などの式典や行事などがあり、それらを運営するという仕事もありますが、大事なのは学生の学籍管理です。大学生を相手にしているとはいえ、まだまだ学生は未熟なところを多く抱えています。学生にガイダンスを行い、履修科目の登録についての指導、教員から提出される科目の成績の管理、時間割の作成、非常勤講師との調整、各種書類や証明書の発行、さらには、就職先の確保、就職に関する学生の指導など、多くの学生、もしくは、学生の教育に関わる仕事があります。

 

 このほか、大学教員の研究に関する書類の提出、文部科学省等への補助金の申請、希望する教材の購入など、教員のサポート的な仕事もあります。ようは、大学の教育に関わることで、教員が行う教育以外の仕事は、教務補助といい、大学職員の仕事となります。