大学職員雑学

大学職員の服装について(女性編)

大学の職員の服装について、男性は極めて簡単、多くの場合が一般企業と同じようにスーツ、季節によってはクールビスの服装になりますが、そう悩むことはありません。しかしながら、大学の女性職員はどのような服装をしているのか、気になるところです。

女性大学職員は制服?

 大学によっては、今でも女性職員は制服を着用する、というところもあります。はっきりいって、その服装は、一つ前の世代のものと心得ていただければよいでしょう。もっとも、都会の洗練された大学ではもっと素敵な制服があるかもしれませんが、そもそもそういった大学には制服はまずないことでしょう。

どういう服装にすればいい?

 では、どのような服装をしているか、T.P.Oに合わせた服装であれば、はっきりいって自由です。ただ、その自由の範囲は、あくまでも大学の職員としての節度の範囲内ということになります。

 たとえば、大学の職員として、入学式など、各式典に出席、式典を運営しないといけないということもあります。そういった場合には、たとえ、裏方として動き回らないといけない場合にも、礼服を着用する必要があります。

また、各高校に学生募集に行くこともあります。そういったときには、相手方の高校の先生とお目にかかることもあるので、いちおう上着のある服装ということになるでしょう。

さらに、大学の中にいても、就職先関連の方が大学を訪問され、その対応をする、とか、非常勤講師の方にお茶をお出しするなどの接待をする、ということもあります。そういった場合には、やはり、それなりの服装をしておかないと、大学の品位を傷つけてしまうことになりますので、注意が必要です。

しかしながら、その一方で、各種教材を運ぶ、とか、印刷物を印刷するなどといった仕事もあります。また、オープンキャンパスのときには、裏方として、駐車場の整理など、暑いさなかに炎天下で仕事をしないといけない、とか、大学祭の裏方の指導をしないといけない、とかといったこともあります。そのようなときには、スカートにパンプスなどではなく、動きやすい服装・靴が求められます。

 ようは、自分がどういった部門に配属され、その日どのような仕事をしないといけないのか、ということに合わせて服装を選ぶ、ということになります。

あわせて読みたい
大学の待遇や給与などの口コミを見るには?このブログでは、あまり知らないような情報や、ネットに蔓延っている嘘の情報に惑わされないようにコラムを書いています。 ただ私たちは数...