大学職員雑学

東京医科大学の補助事業選定と補助金獲得

東京医科大学の裏口入学、しかも(元)文部科学省科学技術・学術政策局長の息子の裏口入学を補助事業の選定と引き換えにするというので大きなニュースが流れました。

就職や転職を考える人はこのニュースについてどう思ったでしょうか?

今回は、複数の大学職員の目から、この点についての論点を真面目にまとめてみます。

私立大学は何故、補助金を獲得したいのか?

今回の事件の中心となった私立大学ブランディング事業の目的なんですが、文科省のHPを見るとこんな風に書かれています。

大学の将来ビジョンに基づき、ブランディング戦略を策定した上で、全学的な事業実施体制及び支援体制を整えて行う取組

またこの事業にめでたく選定されると、は1校当たり年額2,000~3,000万円程度を補助金が出ます。

通常は文部科学省の何かの事業の補助事業の補助金は、その事業の目的の為に使わないといけないのです。ただ、このブランディングの補助金は特別補助として出ますので、大学側はある程度、自由に使える補助金という認識を持っています。

その上で、私立大学は何故、補助金を獲得したい、今回のケースでは補助事業に選定されたいのでしょうか?理由は大きく2つあると思っています。

  1. 大学の運営資金が必要となっている。
  2. 事業に選定されると、その大学の名誉となる。

まず、単純にお金が欲しい、収入を増やしたいケースですね。特に今回は、ブランディング事業であっても、事業によってもらった補助金全額をブランディング事業に投資する必要はありません。大学にとって、制限のない自由の利く補助金は喉から手が出るほど欲しいものです。

もちろん、大学の教育研究に使いたいという大学もあるでしょうし、この補助金は、きちんと教育研究に還元されなければいけないものです。

またこのような事業に選定されるという事は、多くの大学では自分たちの評価に使えると思っています。選定をされれば、研究力やブランディングに優れているというイメージを持ってもらう事もできます。つまり、大学の名誉やブランドを上げるために、このような事業に応募していくのです。

私立大学の補助金獲得の難しさ

でも、補助金獲得は競争率も高く難しいのです。競争率以外に、補助事業の採択が難しい理由として、理由は大きく2つあります。

  1. 補助金申請書を書くノウハウがない
  2. 学内で意思統一が出来ない

補助金の申請書は、単に作文すればいいのではなく、通す為のテクニックが必要と言われます。今回は、書類を事前にみてもらったという点が論点のようですが、文部科学省に事前相談をする補助事業も今までにありましたので、事前相談に似たことをしたのかなと感じています。

補助金を書くノウハウはどちらかというと個人技みたいなものですが、このノウハウをきちんと蓄積している大学は、高確率で補助金と獲得していたりもします。

また補助金獲得をするには、学内での合意がかなり大変な大学も多いです。今回、話題となった大学はトップダウン式の大学みたいなので、そういう点はあまり苦労はないかもしれないですが、SNS上でも補助事業に対して賛否があるように学内でも反対派は必ずいます。大きな敵はまず身内からというように、補助金を申請するには学内での説得に時間がかかるケースもあります。

大学職員と補助事業

大学職員がこのような事業の申請書を書いたり、まとめたりする事は決して少なくはありません。特に小さい規模の大学ほど、人はいませんし、職員が関わる事も多いです。

でもその分、補助事業は必ず通せとプレッシャーもあります。そして、それがその人の評価となってしまう可能性もあります。

今回は研究だから大学職員は関係ないかという事よりは、申請したのはお前だから、お前の責任なというようにトカゲの尻尾きりみたいな事がないとも言い切れません。

ただ、補助事業そのものは今後選定のプロセスの透明性は求められるでしょうが、補助事業そのものの批判はちょっと違うのではないでしょうか?今回は、文科省の役人、裏口入学というキーワードで、補助事業のイメージが悪くなってしまったのはよろしくないなとも思います。