就職転職お役立ち

大学職員になりたい人向け転職サイトテクニック徹底解説~悪意ある転職サイトに騙されない為に~

当サイトを含め、最近は大学職員の転職系のサイトやブログが増えました。

いくつかカテゴリーに分けると次の3つにまとめられます。

  1. 大学職員の転職情報をまとめるサイトやブログ
  2. (転職した)大学職員が、自分の転職体験談などを書いたサイトやブログ
  3. (転職した)大学職員が転職のスカウトへ誘導しようとする広告サイトやブログ(アフィリエイトサイト)

 

今回は、③の大学職員の転職アフィリエイトサイトの特徴と何故そのように書くか、そのテクニックの狙いを徹底解説します。

アイキャッチの活用

ブログの記事にアクセスすると、タイトル名を入れたイラストや写真は掲載されていませんか?

これは「アイキャッチ」と呼ばれます。アイキャッチを入れておくと読者の興味をかきたて、ページの閲覧数を増やしたり、最後まで読ませる効果を狙っています。

大概のアイキャッチは、写真などのフリー素材サイトからブログや記事のイメージに合ったものをダウンロードし、文字を入れて作るのが一般的です。

吹き出しの活用

最近こんな吹き出し多くないですか?

これやると会和風で、文章を読めない人に好評らしいです。また導入文としての、興味を書き立てる効果もあるようです。

通常の使い方は、自分のアイコンを設定して使用します。また会和風にもできますよ。

大学職員は暇らしいよね
暇ではなくて、単に仕事をもらえないだけでしょ。

過剰な導入文

「私はこれを使用したら3か月で10キロ痩せました!」や「大学職員はノルマで楽です!」というように過剰な導入文を書きます。

まず詐欺の一歩は「すごい」「自分もああなりたい」と思わせる所からです。

ただ過剰な煽り分は同業者から事実と違うのではと指摘される事があります。数多くの同業者から、そのような指摘をされるとSNSでブロックする愚か者がいますが、その情報が本当ではないと自覚しているからです。

TwitterアカウントやSNSアカウントがある場合は同業者と仲良くしているブロガーのブログを読むべきです。

見出し下の意味のない写真や画像

すみません。何の意味もない画像を載せました。

画像が沢山あると、見やすかったり読みやすかったりする印象があるそうです。例えば転職のスカウトサービスに登録させて、サイトやブログ主が広告収入が欲しい場合は最後まで記事を読んで欲しいのです。

今回はグレーだけの画像なので見やすくはなりませんが、見出しの下に写真を入れて最後まで読ませる工夫をしています。

おススメ度:を使う

レビュー系のサイトや記事、またランキングなどを載せているサイトによくある、「星5つ!」というようなものです。

これはサイトやブログ主の主観だったり、広告収入は実入りが多い順に星を多くつけているケースもあるようです。

おススメ度:

こうあると、つい「これは星が5つあるし、いいものかな」と思いませんか?

関連記事の挿入

ブログやサイトはアクセス数を増やすために、関連記事を載せます。例えばこんな感じですね。

大学職員が選ぶ、就職転職希望者が読むべき大学職員ブログ6選このブログも含め、最近は(自称を含む)大学職員のブログが増えました。 Googleで「大学職員 ブログ」で検索すると約 15,40...

このように関連記事というより、広告が貼ってあるキラーページへ導入する事も多いです。

全ての記事に、転職系スカウトの広告を貼っているのは、頭が良くないorリサーチ能力が低いブログやサイトです。

「いかがでしたか」を使う

「いかがでしたか」記事は最近増えました。煽るようなタイトルを付けたのに、その内容はほとんど触れずに最後は「いかがでしたか」で記事を終わりにするのです。

今回は、過剰な煽り文句や事実でない情報を掲載して転職スカウトサービスに登録させようとする、あるサイトを参考に解説を書きました。

最後に

広告収入を対象としたサイトでもよいものはあります。しかし少なくとも過剰な煽り文句や事実でない情報を掲載しているアフィリエイトサイトは読まないほうがいいです。そういうサイトに載っている志望動機をコピーして使っても、人事部は見ていますから確実に落とされますよ。