就職転職お役立ち

大学職員の志望動機を完成させる前のチェックリスト

新卒の就職活動にしても、転職活動にしても、大学職員の志望動機はどうやって作成していいか分からないという悩みを本サイトにも寄せられます。

その理由として、この3つが原因ではないかと私たちは考えています。

  • 大学の現在置かれている状況がよく分からない
  • 志望大学の事がよく分からない
  • 大学職員の仕事のイメージがあまりない

 

大学職員の仕事については本サイトにもさまざまな現場からの体験談を掲載しておりますのでこちらをご覧ください。

また大学が置かれている状況については、Betweenなどのサイトや大学職員のインフルエンサーの方が大学職員向けに書いているブログやサイトで十分得られます。

また大学の情報はホームページや大学ポートレートで公開されている情報で充分でしょう。

そこで今回は志望動機をある程度作った時のチェック項目について紹介します。これらに該当するものが複数ある場合は、志望動機を再考してみましょう。

大学職員の志望動機のチェック項目

それでは大学職員の志望動機に関してのチェック項目を紹介します。志望動機を完成させる時の参考になればと思います。

どこかのサイトの志望動機のコピペではありませんか

大学の人事担当者や関係者は色んな大学職員の転職に関するサイトをチェックしています。そこにある志望動機をコピーし、自分の言葉ではなかったら書類選考は通しません。サイトに掲載されている志望動機例はコピペで書くのではなく参考程度にしましょう。

何故、大学職員なのかが明確になっていますか

よく人の成長に係る仕事がしたいという志望動機があります。それなら他の教育産業でよくないですか?また人の成長に関わる仕事は他にも沢山ありますよね?

何故「人の成長」と「大学」なのかの分析をしてから、大学職員でなければいけない理由を考えましょう。

自分が成長したいという俺様系志望動機になっていないか

あなたの成長の為だけに大学は採用するのでありません。大学は今後改革を断続的にする事が求められますが、あなたの成長の為に大学があるのではありません。教育研究の為にあります。自分の成長がいかに大学に役立つかをきちんと言わないといけませんね。

成長したいなら、ベンチャー系企業とかはどうでしょうか。

あなたの事をきちんと書いていますか?

大学側は採用の方向性に合った人材を採用するために志望動機を見ます。誰でも通じる志望動機だと、金太郎飴みたいで判断出来ません。自分自身を深く理解し、それを志望動機に反映させましょう。

大学時代にお世話になったから

あまり良くない志望動機の1つです。こういう志望動機は、母校に就職したい志望者によくあります。自分が大学生の時に大学職員にお世話になったから、自分もそうなりたいと考えるのは分かります。でもそんな人材より深い知識と経験を兼ね備え大学が今後生き残っていく為に尽力出来る人間を求めているケースが多いです。

志望動機のキッカケになっても、これを志望動機の本筋にするべきではありません。

Sponsored Link




◯◯の仕事がしたいと書いている、それを全面推ししている

専門職の募集であれば、狭い範囲での仕事や部署について述べてもいいかと思います。でも、あまりにこの仕事だけをやりたいという志望動機を大学側が求めているケースは少ないです。

研修制度に魅力を感じたと書いている

研修制度に魅力を感じたから何なのでしょうか?さっきの自分成長系と一緒ですが、大学はあなたを成長させる為だけにあるのではありません。せめて、変化球で成長する事はどういう事か、それが大学に対しどういう価値があるのかを分析しましょう。

建学の精神に共感したからだけ

建学の精神に理解するのは当然です。それだけしか志望理由がないのであれば、志望動機としてはちょっと弱いと感じます。

志望動機に金や楽だからという雰囲気が出ていないか

最近の大学職員の転職系サイトにお金や楽という事を書いているせいか、志望動機にお金や楽そうという書いてしまう人がいるそうです。流石にそれは選考は通らないですね。

大学で働く上で役立つ貴方の強みやスキルが記載されていますか

事務職になりたいという志望動機はよく聞きます。でも単なる事務作業はアルバイトや派遣職員に移行し、専任職員の仕事から消えつつあります。貴方の強みやスキルが大学運営に役立つ事を伝えましょう。

自分と理想とする教育でまとめている

最近、何人かの大学職員の志望動機を見させていただいて、よくあるのが「自分の理想とする教育」だからという文言です。

これだけ見ると、教育職の志望理由みたいな印象をよく受けます。自分の理想とする教育であっても、そこから一歩突っ込んでどのように貢献できるか、自分は何ができるかを入れていいと思います。

これ企業にすると「御社の商品は私の理想です」だけであって、そこから何をしたいのか、何が出来るかを明確にしていないですよね。

大学職員の志望動機をつくるには?

大学職員の志望動機でこのチェックリストに該当するものがあった場合、「では何を書いたらいいのか」と迷う場合もあるでしょう。

このチェック項目の中で入っていても選考に通るものがあるでしょう。ただ情報収集をしていないで、金太郎飴みたいな志望動機は書類選考するのは厳しいと考えています。

また志望動機を作る上で様々な情報を検索して探すかと思います。大学職員になりたいのであれば、情報の真偽を見極める目も大切です。例えば大学職員内で確実に勧めない情報源は「ここなら求人がある」と記事内に何回もスカウト系求人広告を貼っているサイトです。

まず見るべきは志望大学の中期計画や学校法人の事業計画・報告書です。そこから次にどのような教育を行っているか、他大学と比較してどうかといった事もきちんと調べましょう。やることは企業の就職活動の業界研究と企業研究と同じですよ。