就職転職体験談

大学職員の採用試験や選考の体験談や選考内容~転職編~

大学職員になりたいと思った時にどんな選考が行われているのか、またどんな事が聞かれるのかについて、今回は転職(既卒)についてまとめました。

今回は大学名は伏せていますが、地域、設置形態、大学規模までを掲載して、どこからその求人を知ったか、どういう選考が行われたか、またアドバイスについてご紹介します。

地域中部
設置形態公立大学
大学規模中規模大学
どこから情報を得たか大学のHP
選考内容書類選考(履歴書・職務経歴書)→適性検査・作文→面接といったのが大まかな流れでした。
適性検査は、読み書き計算、作文は、職員と教員の違いは何だと思うかといった質問、面接は、多くの人数の前で話すことは得意かといったような質問をされた覚えがあります。
アドバイス長文をマメに書く練習をしておくべきだったと感じています。
地域中部
設置形態国立大学
大学規模大規模
どこから情報を得たか大学のHP
選考内容書類選考(履歴書・職務経歴書)→筆記試験・作文→面接といったのが大まかな流れでした。
筆記試験は、通常の読み書き計算に加えて、オリジナルの読解能力や数学的能力を測るもの、作文は、職員としての目指す姿、面接では、自分なりの学生に対する接し方等の質問をされた覚えがあります。
アドバイス筆記試験の対策をもう少しやっておけば良かったと感じています。一般的なSPI対策だけでなく、高校までの国・数・英の主要3科目を見直しておけば、本番で苦労する度合いが軽減されたかなと思っています。
地域中部
設置形態国立大学
大学規模大規模
どこから情報を得たか大学のHP
選考内容書類選考(履歴書・職務経歴書)→筆記試験・作文→面接といったのが大まかな流れでした。
筆記試験は、SPIにも使用されるレベルの読み書き計算に加えて、少し高度な読解力を試す問題、作文では、職員として学生の困りごとに対処できない際の対応の仕方、面接では、どんな時に相手の気配りや好意を感じるかといった内容の質問をされた覚えがあります。
アドバイスユニークな質問を聞かれることが作文・面接ともにあったため、面接対策本で質問文のバラエティを事前に確認しておけば、ドキッとして、答えられないということにならなかったのかなと思っています。

Sponsored Link




地域中部
設置形態私立大学
大学規模大規模
どこから情報を得たか大学のHP
選考内容書類選考(履歴書・職務経歴書)→適性検査・作文→面接といったのが大まかな流れでした。
適性検査は、読み書き計算のもの、作文は、生徒が困っている時にどういった対応をするのか等の質問、面接は、教員ではなく、なぜ職員志望なのかといったことを聞かれました。
アドバイス日頃から文章を書く練習をしておけば、本番でも時間を取られることなく、テーマに沿った内容でスムーズに書けたのかなと、今では感じています。
地域関東
設置形態私立大学
大学規模中規模大学
どこから情報を得たか大学のHP
選考内容リーダーシップに関する質問を何度も聞かれました。前職でどのようなリーダーシップをとっていたのか、リーダーシップをとるにあたり大変だったことは何ですかという質問をされました。また、なぜ出身大学の職員にならないのかの質問もされました。
アドバイス出身大学の職員試験も受けていれば面接で答えやすいかったです。
地域関東
設置形態私立大学
大学規模大規模大学
どこから情報を得たかリクナビNEXT
選考内容まずは履歴書・職務経歴書を提出し、書類選考が行われました。
次に1次面接が行われ、その後は2次面接と最終面接が予定されていました。
私は1次面接で落ちてしまいましたが、その際は、これまでの職務経歴や志望動機、さらには学生時代の専攻内容やサークル活動などを詳しく聞かれました。
アドバイス転職組だったので、これまでの職務経歴と志望動機を中心に聞かれるかと思っていましたが、学生時代のことを詳しく聞かれたのは予想外でした。
学生時代のことを思い出して、ひと通り把握しておくべきだったと後悔しています。
また、職務経歴書と合わせて、これら学生時代のことをまとめたレジュメを提出してアピールしておけば良かったと思っています。
地域関東
設置形態私立大学
大学規模中規模大学
どこから情報を得たかリクナビNEXT
選考内容エントリーシート選考の後、会場で一般教養試験を受験します。この試験に追加後、面接試験が始まります。面接試験では、転職の理由・得意なこと・大学職員になりたい理由の3点を主に聞かれました。面接は3回行われましたが、全て同じような質問でした。
アドバイス一般教養試験のための勉強。

Sponsored Link




地域関東
設置形態私立大学
大学規模大規模大学
どこから情報を得たか大学のHP
選考内容選考は簡単な面接と条件の確認のみです。もともと出身校であり、その当時に大学の関連の病院に勤めていましたので、面接といっても、ほぼ世間話程度で終わった記憶があります。ほぼ条件面のみのはなしで、面接していただいた先生も全て知り合いでした。
地域関東
設置形態私立大学
大学規模小規模大学
どこから情報を得たか大学のHP
選考内容なぜ他の大学ではなく、この大学を選んだのか聞かれました。また、普段学生とのコミュニケーションをとることがありますかという質問もされました。大学職員になったら何を積極的に取り組みたいのかも聞かれました。
アドバイス学生と交流していれば良かったです。
地域中部
設置形態私立大学
大学規模大規模大学
どこから情報を得たか大学のHP
選考内容書類選考(履歴書・職務経歴書)→適性検査・作文・面接といったのが大まかな流れでした。
適性検査は、読み書き計算、作文は、大学生という年齢に見合った対応の仕方を自分なりに述べよといった質問、面接では、トラブル時の対応について、自分ならどうするのかといった内容の質問をされた覚えがあります。
アドバイス面接シミュレーションはやっておくべきだったと感じています。
自分なりの考えを聞かれることが多かった印象が強いため、友人・知人だけでなく、普段顔を合わせない人を面接官にして、慣れておく必要があったかなと思っています。

今回の調査では、中途採用は大学のHPからと、転職サイトが少しあるようでした。転職エージェントにも登録して探した人がいるようですが、大学関連の求人は殆どなかったそうです。

大学の待遇、給与、残業などを見るには?~キャリコネの特徴と登録方法~このブログでは、あまり知らないような情報や、ネットに蔓延っている嘘の情報に惑わされないようにコラムを書いています。 ただ私たちは数...