仕事体験談

【仕事体験談】大学の就職相談室の仕事

大学の就職支援のお話を今回掲載します。

大学の就職相談室の仕事

学生の就職活動を支援する仕事に就いていました。主な業務内容は、様々な業種の企業へ営業をして、ワークショップやインターンシップ、特別講座の開催を担当していました。

部署での担当は私ひとりでしたので、学生とのやり取り、大学側への報告、会計管理を全て管理していました。学生の人気業種であるホテル、ウェディング、CA関連の企業が多かったです。

ワークショップなどを通して実際の業務を経験したり、華やかにみえるホテルの裏側に入る経験をしたりすると、思っていた仕事と違う、憧れていたような業務ではない、といったことが分かり、実際に社会人になってからギャップを感じることなく事前に現実を知ることが出来たのは、学生にとって有意義だったのではないでしょうか。

繁忙期は、2月、3月、4月、7月など、これから就職活動が始まるとき、学生が夏休みの前などです。閑散期は8月、12月など実際に学生が休み期間に入っている間です。

仕事で大変だった事

仕事で大変だった事は、企業への営業です。ただでさえ忙しい企業の方に学生の就職活動のために時間と労力を使っていただかなければいけないので、断られる事が多かったからです。

また、有名大学や高偏差値の大学ではなかったため、大学の名前を出した途端に断られることもあり、その時は悔しかったと同時に実際に通っている学生の就職活動の大変さを慮りました。

一番の魅力は、自分とは違うジェネレーションの学生達と触れ合うことです。慣れない時には、「最近の学生は、」という考えをすぐに頭の中に出してしまったのですが、次第に打ち解けてくるにしたがって、こちらの考え方が凝り固まっていて歩み寄りが足りなかったのだな、という事に気づきました。

実は想像以上に本音を語らず、気を遣いすぎる学生が多いということも知りました。また、両親と学校関係者以外の大人と触れ合う機会のある学生とそうでない学生との間に、就職活動で成功出来るかどうかの違いが明確に表れるとも感じました。

出来るだけ学校でしか情報を得られない学生のために、情報を広げるための支援をしました。内定を貰った、と報告を受けたときは自分が内定を貰ったことのように嬉しかったです。