その他

宗教系大学とは~特徴や行事を調べたよ~

別の大学に行った友人から「入学式は讃美歌があってびっくりした」という話を以前聞く事がありました。大学で学びたい学部があって入学したはいいけど、その大学が仏教系やキリスト教系の大学の場合は、宗教色が強い大学の行事があったり、授業があったりするようです。

今回、色んな宗教系大学の人に、特徴はどんなものがあるかを聞いてみましたので紹介します。

宗教系大学とは

宗教系大学とは、宗教組織が母体になっている大学や、宗教組織と関わりが強い人が大学を作った大学をいいます。

例えば、佛教大学は仏教系ですし、青山学院大学はキリスト教系ですね。仏教系でもお坊さんを養成する大学とそうでない大学や宗派によっても異なりますし、キリスト教系もプロテスタントやカトリックなどがあります。また創価大学や天理大学のように新興宗教系の大学もあります。

今回は宗教系大学の特徴を、友人たちに聞いてまとめました。大学選びの参考にどうぞ!

キリスト教系大学の特徴

まずキリスト教系大学の特徴について、通っている学生から聞いたものをまとめてみます。

同志社大学の特徴や行事

入学式や卒業式では讃美歌を歌います。また学園祭の時は創始者の誕生日でキリスト教なので礼拝もあります。創始者のお墓は近くのやまの上にあり、トレッキングしてそこまで行きそこで礼拝したりします。

普段から教会(礼拝堂)があり親しみがあります。そこでは結婚式をすることもできます。休日などは見学することもできクリスチャンの学校でよかったと思います。神学部もあり、神父さんになる学部でキリスト教のことも学べます。

入学式で賛美歌を歌いました。歌ったとは言っても、初めて聴く曲なのでほとんど歌えませんでしたが、合唱団の先輩方の歌声が美しかったです。また、式典中に聖書朗読の時間もあり、驚きました。


大学には礼拝堂があり、文系学部がある今出川キャンパスと、理系学部がある京田辺キャンパスの両方で、毎週「チャペル・アワー」という名前の礼拝をおこなっています。

他にも、キリスト教について学べる授業が多くあります。旧約聖書について学ぶ授業や、大学の建学の精神について学べる授業があります。

特に同志社出身の先生方は、教育学や図書館学など、直接宗教に関係ない科目の授業でも建学の精神やキリスト教についてのお話をしてくださいます。牧師さんのようにキリスト教を信仰している方のお話も興味深いですが、信者さんではない方のキリスト教との関わりを聞くのも面白いです。

青山学院大学の特徴や行事

プロテスタント系の大学なので、大学構内に教会があります。青山キャンパスの礼拝堂にはパイプオルガン、相模原キャンパスにはきれいなステンドグラスがあり、一歩足を踏み入れるだけでとても静かに癒される空間となっています。

また、キリスト教について学ぶ授業が必修となっており、たとえクリスチャンではなくともキリスト教文化に触れ、学ぶ機会が多くあります

クリスマスの時期には大きなクリスマスツリーが設置され、点灯式も大規模に行われるため、青学生共通の冬の風物詩となっています。

関東学院大学の特徴や行事

入学式がキリスト系な感じで賛美歌が歌われたり、先生達が「アーメン」と言っているのを聞いて初めてキリスト系の大学なんだと知る生徒が多いです。

キャンパス内に礼拝堂があり、お昼休みに礼拝を行ったりしていて生徒も自由に参加可能です。礼拝堂の中では聖書の一部の話が解説されます。大学の入り口近くに聖書のセリフみたいなのが書かれた紙が貼ってあります。

キリスト教の授業も選択可能であり、その授業ではお昼休みに礼拝堂に行って聖書の話を聞くのが単位を取るために必須の条件です。

北星学園大学の特徴や行事

僕が通っている大学は、キリスト教の宗教大学です。キリスト教の学校にはいくつか特色があります。例えば、教授の先生はほとんどの人がキリスト信者で構成されています。実際のところ本当かどうかは定かではありませんが、聞いてみる教授はみな一様にキリスト信者であることを誇張してきます。

さらに、昼休みには毎日教会のような建物で、聖書を読む習慣があります。これは、強制参加ではありませんが、ある講義を受講してしまうと強制参加が単位の条件になったりと、何かと大学のルールとキリスト信者のルーティーンを結び付けてきたりする傾向があります。

東北学院大学の特徴や行事

キリスト教の授業が1年度教養の必修科目としてあります。そして一時限目のあとに礼拝の時間が30分あり、それに何回か出ると単位がもらえます。礼拝は単位獲得以外は自由参加で、賛美歌の本が入学時に配布されます。

礼拝ではその中の歌を歌います。礼拝の時間に授業はなく、図書館も閉まっているため礼拝参加者は多いです。

また大学のOBOGは結婚時に大学の礼拝堂を使えるそうです。実際に日曜に大学に行ったときに結婚式をしているのを目撃しました。

関西学院大学の特徴や行事

キリスト教学という必修授業があり、1年生は必ず受講します。その講義の評価方法として出席数、期末試験に加え、「チャペル出席数」というものがあります。

チャペルは1限目と2限目の間に行われ、学生が賛美歌を歌ったり聖書を朗読したり、宗教主事の話を聞いたりする30分程度の時間のことです。開催頻度は学部によって違いますが、自分の所属学部では毎週火~木の週3回でした。初めは恥ずかしかった「アーメン」の唱和も回を重ねるごとに慣れ当たり前になりました。

上智大学の特徴や行事

上智大学では大学の講義でキリスト教人間学という講義があり、一年次の必修科目であった。上智大学には神学部というキリスト教に特化した学科があるのだが、この神学部以外の学部であっても履修する必要があり、全学生が受講しなくてはならない科目であった。

また、この講義は学部や学科ごとに受講する講義ではなく、全学部の学生が混合で受けるタイプの講義であった。

講義を担当する先生にもよるが、大体の場合が半単位で課題に取り組む形の講義であり、多くの場合が神学部の学生による独壇場となる。神学部の学生が熱心に取り組み、他の生徒は置いてきぼりのパターンもあり、そういった学生は何も宗教に関する知識を得ずにこの講義の受講を終えてしまう。

西南学院大学の特徴や行事

私が通っていた大学は、キリスト教系の大学で、チャペルと名付けられた講堂が敷地内に建てられていました。チャペルでは、牧師さんや大学の先生の講話を聞き、お一人お一人の人生感や経験についてのお話を伺いました。

高校生までの狭い関わりでは知る事のできなかった、経験豊富な大人の方々の実体験に基づく貴重なお話を耳にする事ができ、自分にとって価値観の転換ができ、大学生らしく視野を広げるという点で意味のある時間を過ごせました。

仏教系大学の特徴

次に仏教系の大学についての特徴です。今回は龍谷大学や鶴見大学、駒澤大学について紹介します。

龍谷大学の特徴や行事

大学に宗教学部というものがあり、通常授業では行われないような「建学の精神」を学ぶことになります。

また、奨学金なども一風変わっており、通常の日本学生支援機構とは別の仏教活動奨学金などもあり、経済的にとても手厚くもてなされている印象がありました。

文学部の中には学科が細かく分類されており、なかでも親鸞の教えを中心として歴史や考え方、そもそも人間とは何かというものを学ぶことができる真宗学科があり、ただ過去を学ぶだけでなくダイバーシティな考え方を学べる場所だと思います。


入学式ですが、持ち物として「数珠」というものが書かれていました。高校生が尊家物を持っていないので、仕方なく購入。大学近辺にはその手の仏教グッズを売る店がたくさんなアリ、そこで購入して入学式に参加しました。

大学の授業では、大学が運営するミュージアムを見てレポートを書くという課題が時々出るそうです。ミュージアムは大きなお寺の門前町にある立派な建物で、主に「仏教芸術」や「仏教思想」人鉋する展覧会をしています。

それらを見てレポートを書くという課題です。ちょうどミュージアムを訪れた時は「水木茂」関連の展覧会をしていましたが、その内容の半分くらいは「地獄と極楽」を扱ったような展示で、この大学らしいとつくづくと思いました。

駒澤大学の特徴や行事

仏教系の大学だったので、入学式は、お釈迦様の誕生日である4月8日に行われます。壇上には仏像が置いてありました。全学部共通で、1年次に「仏教」という必修科目があります。当然、仏教について学び、講義の最終日には、実習として座禅をやりました。

駒澤大学は曹洞宗系なので、曹洞宗関係奨学金という奨学金制度もありました。例えば、曹洞宗育英会奨学金(貸与)は、曹洞宗の僧籍を有し、学業に優れ学資の支弁が困難な学生に、曹洞宗育英会から奨学金(月3万円)を貸与することができます。他にも、曹洞宗奨学金(給付)は、宗門の興隆に資することを目的に曹洞宗宗務庁から奨学金(年10万円)が給付されます。

また駒澤大学の仏教学部の話はこんなのがありました

仏教系大学は、一般の人が入るのはおすすめできません。なぜなら、就職にとても不利になるからです。一部の企業の人事担当者は「宗教系大学の人材は偏った思考をしているため採用しない」と言い切っているほどです。

なんとなく、イメージとして宗教系大学の人は道徳心が高いというイメージがありますが、実際はそうではありません。身の回りの人を見ると、かなり堅実家の人ばかりで、悪くいうとケチな人が多いです。また、プライドが高く人を見下す特性があります。

鶴見大学の特徴や行事

曹洞宗の大本山總持寺の隣が隣にあることから、入学すると授業概要はもちろんのこと、「経典」と書かれた緑色の小さな本が学生一人ひとりに配布される。中を開くと、まさにお坊さんが使っているお経の本と同じで驚いた。

「これいつ使うんだ?」と疑問に思っていたが、結局使う機会がなく、今では家の片隅で埃を被っている。

宗教行事も設けられており、入学初年度には「参禅会」と言って、実際に總持寺を見て回りながら座禅をする行事があったり、一年間に亡くなった大学関係者の為にお経をあげる行事があり、どの行事も成績に関係してくる為に半ば強制だったので嫌だった。

宗教系大学の特徴とは?

今回はキリスト教系の大学の人のお話が多かったのすが、学内に宗教行事が出来る場所としてチャペルや場所があったり、必修授業でその大学の宗教に関する授業があるようですね。

ただ宗教系大学だからといって、その大学の宗教を信じる必要はありません。仏教系大学でもクリスチャンはいますし、創価学会員でなくとも創価大学に入学は出来ます。ただ各宗教で特徴はあるだけで、大学という機関には変わりありません。