大学受験

2021年度入試から始まる総合選抜型入試の概要と注意点

2020年度から大学の入試、つまり2021年度4月に入学するための大学入試が大きく変わるのを知っていますか?大学センター試験も変わりますが、各大学が独自に行う入試も大きく変わります。

特に私立大学を志望する人で、早く進路を決めたい人は早くからの情報収集が必要ですよ。

そこで今回は「総合選抜型」入試について、分かりやすく解説します。

総合選抜型入試とは何?

総合選抜型入試は今まで行われていたAO入試が変更されたものです。ではまずAO入試とは何でしょうか?

AP入試とは~概要と課題~

AO入試とは、大学が予め定めている方針にもとづいて行われる入試です。今までのAO入試は筆記試験や学力試験はなく、高校での成績とか、作文・小論文や面接で人物を評価しています。

ただAO入試にも問題はありました。簡単な小論文や面接で大学入学が決まってしまい、大学に入ってから勉強についていけない学生が沢山出てきたのです。小論文といっても事前に課題が分かっていたりする大学もあるので、準備できちゃいますからね。

またAO入試は国の指針で、大学に入学していい枠の何割までと目安が決まっています。そうするとAO入試でも競争も激しくなり、不合格になる可能性はありました。特に最近は一般入試は受けないでAO入試や推薦入試を受けて、早く大学合格を決めてしまうのが主流ですね。

AO入試から総合選抜型入試へ

総合型選抜入試は、AO入試で行われていた小論文や面接だけではなく、大学が独自に行う基礎学力を把握するための検査をするようになります。

この検査の例として、こんなものが考えられています。

  1. 筆記試験
  2. 実技試験
  3. 口頭試問
  4. 小論文
  5. プレゼンテーション
  6. 資格や検定の成績

例えば口頭試問では面接で志望理由を聞くだけではなく、大学に入学するための高校卒業程度の問題が口頭で出されて、その場で答えないといけません。

でも小論文はAO入試であったよね?

アイコン名を入力

小論文は今までのAO入試はお題だけでているものが多かったのだけど、これからの小論文は自分の考えに基づいて論述し記述するものに変わる予定だよ

例えば小論文はグラフを出して、①グラフを読み取って要約を記載する、②読み取った内容について自分の考えを述べるといった内容が考えられます。また読み取るものはグラフではなくて、日本語の文章や英文を読ませる場合もありそうですね。

またAO入試では、AO入試で入学していい学生の割合が決まっていたのですが、総合型選抜入試ではその枠はなくなります。つまり、大学によっては総合型選抜入試で殆どの入学者を決めてしまうかもしれません。

総合型選抜入試での注意

総合型選抜入試はAO入試から内容が大きく変わりますが、さらに注意しないといけない事がもう一つあります。それは9月にやった総合型選抜入試であっても合格発表は11月になってからという事です。

今までのAO入試は入試をやったら一週間ぐらいで合否が分かったのから考えると、9月にやった総合型選抜入試だと合格発表まで1か月半ぐらい待つことになっちゃうのです。

この総合型選抜入試は日本にあるどの大学でも行われます。ただ専門学校とかは、違いますよ。

対応はどうしたらいいか

総合型選抜入試は、大学によって基礎学力を測る為のツールは大学によってバラバラです。まずは募集要項を手に入れましょう。募集要項には、何をつかって学力を測るかだけではなく、どういう評価をするかを書く大学も多くあるはずです。

まずは募集要項を入手しましょう!!