就職転職お役立ち

大学職員への転職はスカウトではなく、転職サイトや大学HPが重要

大学職員の転職活動はどうやってやればいいでしょうか?

インターネットで探すと「最近はスカウトサービスを使えばいい」というお話が多いですね。

でも、過去に私たちの職場や他大学の職員で転職した人に聞くとスカウトサービスの利用者は殆どいませんでした!

また本ブログで過去にどうやって転職したかを聞いた記事がありますが、ほとんどが大学のHPか転職サイトで、スカウトサービスは誰もいなかったです。

あわせて読みたい
大学職員の採用試験や選考の体験談~転職編~大学職員になりたいと思った時にどんな選考が行われているのか、またどんな事が聞かれるのかについて、今回は転職(既卒)についてまとめました。...

大学職員の求人はスカウトにある?

この数か月で試しに、転職のスカウトサービスに登録したり、スカウト登録者が見られる求人検索を見ました。

結論として、紹介できる求人はないと言われたり、大学職員としての募集はなかったです。(専門学校などの学校法人の求人はありました。)

もちろん、スカウトサービスに登録する際に希望勤務地などを入れますし、経歴などで求人検索フィルターがかかり、大学職員の求人が出なかった可能性もあります。

でも異なる地域の複数人でやってみた結果で大学職員の出てこないのは、求人数が殆どないかなと思います。

ただミドル系や管理職向けのスカウトサービスでは、大学職員の求人やスカウトもあるようですが、これはかなりの経歴が必要ですね。

またインターネットでは大学職員になりたくてスカウトサービスに登録したけど、連絡さえこないというつぶやきもありました。

大学職員の求人は大学のHPと求人サイト

大学職員の求人は基本は、各大学や学校法人のホームページや、求人(転職)サイトです。

まずは希望勤務地の大学のホームページを逐一チェックする事から始めるか、大学職員の求人を集めているサイトを頻繁にチェックする必要があります。

そもそもスカウトサービスに大金を払うより、きちんと情報を収集している人のほうが好まれるでしょう。また特殊な技能を持つ人を採用したいわけではないので、大学側としてはスカウトサービスを活用するメリットは殆どありません。

そこでお金があまりかからない大学や学校法人のホームページ、まあある程度かかってもと思い転職サイトに載せるのがせいぜいです。

求人を探すときは、何事も愚直が一番です。