仕事体験談

【お仕事紹介・体験談】学生支援とは何をやるの?

大学の学生支援課とは、大学生の授業以外の部分を全般的にサポートする仕事です。

具体的には、入学時のオリエンテーションなど行事の運営や学生の安全の確保、運動部、文化部などのサークルや部活動のサポートです。学生寮がある場合はそういった寮の運営や保健室などの支援もその中に入ります。たいていの大学には、学生支援に対して授業の面での仕事を請け負う教務課、教務入試課のような部署があります。

 

学生支援にはさまざまな仕事がありますが、その中で最近重要性を増しているのが就職へのサポートです。最近では、キャリアサポートセンターのように、就職だけでなく資格試験や公務員採用試験のサポート、インターンシップや職場体験など、1,2年次から将来の就職へ向けたサポートを行う大学も増えてきています。

 

就職支援の仕事としては、実際の就職活動のサポートが大きな仕事となります。実際に学生が持ってくる履歴書を添削したり、模擬面接を行って学生が就職試験に受かるように支援します。学生が就職した企業に挨拶をする企業訪問を行ったり、学内での企業説明会を開催したりします。最近では、就活生と呼ばれる3回生や4回生の支援だけではありません。

 

1,2回生を対象にした就職支援対策講座の運営や学生が会社にて就業体験をするインターンシップを運営したりします。最近では、周辺の大学と連携してインターンシップを行ったりする場合もあり、他大学との連携や交渉も、大学職員の仕事となります。

 

就職支援課、キャリアサポートセンターなどの名称は大学によって違いがありますし、就職自体を支援する部署が学生支援課の傘下にある場合もあれば、独立している場合もあります。また、教務入試課がどこまでを行い、学生支援課がどこまでを行うかも、大学によって違いがあります。就職支援以外にも、クラブやサークルの運営において学生がどのくらいまで自分達で行い、職員がどういった部分をサポートするかも大学によって違います。

 

大学職員として就職しようとするのであれば、どこの部署で何を行っているのかをあらかじめ調べておくことが大切です。特にどういった学生支援をしているかは大学の顔と言ってもいいくらい重要なことですのでしっかり調べておきましょう。